政治

浜田幸一 政治評論家

政治部出身の新聞記者、元秘書、官僚など様々な経歴を持つ人が政治評論家を務めていますが、一番説得力がある政治評論家は元政治家ではないでしょうか。その中の1人で、お茶の間でも知られる政治評論家だったのが浜田幸一さんです。1928年9月5日、浜田幸一さ…

早坂茂三 政治評論家

令和の時代でも偉大な政治家として語られることが多い田中角栄氏。その田中角栄氏の最も有名な著書といえば日本列島改造論です。この日本列島改造論の名付け親が早坂茂三さんです。1930年6月25日生まれ、早坂茂三さんは北海道函館市で生まれます。実家は呉服…

俵孝太郎 政治評論家

歯に衣着せぬ発言で鋭く切り込む政治評論家は昔は多かったですが、現在は段々少なくなり、大衆に寄り添う人が多くなっている状況です。そんな中、どの現場でも本音をズバッと言える政治評論家がいます。その名は俵孝太郎さんです。1930年11月12日、今年で89…

伊藤惇夫 政治評論家

政治評論家の世界でも、与党の政治家に近い人が多くいますが、野党に近い政治評論家はさほど多くありません。その中の1人である伊藤惇夫さんは、政党職員として長らく働き、政治評論家に転身した1人です。1948年8月28日、71歳の伊藤惇夫さんは、神奈川県葉山…

田原総一朗 政治評論家

年齢を重ねても舌鋒鋭く政治に切り込んでいく、この姿勢を政治評論家は持ち続けるべきです。現在でもそれが出来ているのが田原総一朗さんです。1934年4月15日、85歳の田原総一朗さんは滋賀県彦根市の出身です。第二次世界大戦では、好戦的で、国のために死ね…

あえば直道 政治評論家

政治評論家を名乗る人の中には自民党に近い人、立憲民主党に近い人と特定の党派との距離が接近している人がいますが、あえば直道さんはなんと共和党との距離が近いことをアピールする政治評論家です。自身も出馬経験があるなど、異色の政治評論家です。1967…

橋下徹 政治評論家

政治を語る人物の中には当然政治経験がある人も多いですが、知事や市長、国政政党の代表を務め、政治に対して鋭く切り込んでいける橋下徹さんはこれまでの日本にいなかったタイプの政治評論家です。 1969年6月29日、50歳の橋下徹さんは東京都渋谷区で生まれ…

池上彰 政治評論家

現在政治評論家、ジャーナリストとして人気ナンバー1と言える存在が池上彰さんです。ジャーナリストとしてテレビに引っ張りだこである他、数多くの大学で教授として活躍し、多くの若者に分かりやすく授業を行っています。 1950年8月9日、2019年で69歳を迎え…

嘉治隆一 政治評論家

政治評論家というポジションは今でこそ多くの人に与えられていますが、昔はそこまで多くはありません。その中で古くから政治評論家として活動していたのが嘉治隆一さんです。戦争が終わってすぐ論説主幹を担当するなど、その活躍ぶりは日本最初の政治評論家…

中西輝政 国際政治学者

国際政治学者として政治を語り、学者としても数々の受賞歴があるなど、輝かしい実績を誇るのが中西輝政さんです。京都大学名誉教授を務めるなど、専門は国際政治史ですが、政治活動も行っており、保守系の政治家との関係が近い人物です。 1947年6月18日、72…

田崎史郎 政治評論家

政治評論家を名乗る人の多くは新聞記者、メディアの記者として政治を扱っていたことから、政治に携わり続けるケースが少なくありませんが、メディアに頻繁に登場する田崎史郎さんもその1人です。安倍総理との関係が近く、時に安倍総理を擁護する発言を連発さ…

高森明勅 皇室研究者

長年議論が交わされてる皇位継承問題など、様々な論争の中で自分の意見を揺るぎなく主張するのが高森明勅さんです。皇室研究者として皇位継承問題などを語るのと同時に、構造改革など政治にかかわる分野にも精通し、著書も多く出しています。 1957年生まれ、…

麻生良方 政治評論家

来歴・人物[編集] 戦前の無産政党の指導者麻生久の長男として生まれた。少年時代は詩人に憧れ、1943年(昭和18年)に詩集『青薔薇』を自費出版して近所の書店に置いてもらったという経験がある。 旧制開成中学(現開成高等学校)を卒業し、1945年(昭和20年)…

有馬晴海 政治評論家

何かと政治のことでコメントを求められる政治評論家、その中でも様々な媒体でコメントを求められているのが有馬晴海さんです。政治評論家になってからは比較的長く、どちらかといえば与党寄りではありながらもバランスを取りながら評論をしていく姿に共感の…

三宅久之 政治評論家

来歴[編集] 生い立ち[編集] 1930年(昭和5年)、現在の東京都杉並区阿佐谷南一丁目、杉並区役所のすぐ隣の家で生まれた[1]。父は日立製作所の技術者[1]。6歳のときに父が北九州の工場に総務課長として赴任して戸畑市(現北九州市戸畑区)に引っ越して社宅暮…

有馬晴海 政治評論家

経歴[編集] 1958年、鹿児島県川辺郡坊津町出身[1]。立教大学経済学部卒業。 リクルート社に入社。当時優秀社員ベスト10人内の1人に入る成績を収めた[2]唯一の男性社員だった。1985年、リクルートを退職し、国会議員秘書へ転身。1996年に政治評論家として独立…

三浦瑠璃 政治評論家

略歴[編集] 神奈川県茅ヶ崎市出身[5]。父親は心理学者の濱村良久。幼少期に神奈川県平塚市に移住。平塚市立金旭中学校卒業。1999年(平成11年)3月に神奈川県立湘南高等学校を卒業し、同年4月に東京大学理科一類に入学[4]。2001年(平成13年)4月に同大学農…

岩見隆夫 政治評論家

略歴[編集] 関東州(現中国)の大連で生まれ、山口県防府市で育つ。山口県立防府高等学校、京都大学法学部卒業後、1958年毎日新聞社入社。社会部記者、政治部記者、政治部副部長、秘書室長、論説委員、出版局次長兼サンデー毎日編集長、編集委員室長、東京本…

田崎史郎 政治評論家

来歴[編集] 福井県坂井郡三国町(現:坂井市)生まれ[1]。福井県立藤島高等学校を卒業後、中央大学法学部法律学科へ入学する。大学2年時に三里塚闘争へ参加し、凶器準備集合罪で逮捕のうえ13日間留置される[2]。 1973年3月、同大学を卒業後、同年4月、時事通…

森田 実 政治評論家

静岡県伊東市出身。伊東西小、伊東北中、相洋高校を経て東京大学工学部鉱山学科卒業。 尚、弟も東大出身であり、地元伊東市では名家として知られている。 在学中に日本共産党に入党し、香山健一、島成郎、生田浩二、青木昌彦らとともに全日本学生自治会総連…

細川隆一郎 政治評論家

概説[編集] 福岡県小倉市(現:北九州市)生まれ[2]、熊本県出身。東京府立四中(現:東京都立戸山高等学校)、早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。学位は政治学士(早稲田大学)。 憲法改正論者であり、「マッカーサーの押しつけ憲法だ。自主憲法を持たな…

あえば直道 政治評論家 共産党顧問 幸福実現党初代党首 一般社団法人JCU議

経歴 1967年 1月5日 - 神奈川県横浜市で出生。実家は弁護士。 1973年 4月 - 慶應義塾幼稚舎(小学校)に入学。以後慶應の付属校を経て慶應義塾大学へ進学。 慶應高校時代は弓道で県代表として国体やインターハイに出場経験がある。 大学在学中は憲法学者小林…

伊藤惇夫 政治評論家

人物[編集] 学習院大学法学部卒業後、出版社へ就職した後、1973年、時の総理・総裁田中角栄に誘われ自由民主党本部事務局に勤務。自民党では広報を担当し、1989年からは自民党政治改革事務局主査補として政治改革大綱を取りまとめる。その後、自民党を退職し…

有馬晴海 政治評論家

経歴[編集] 1958年、鹿児島県川辺郡坊津町出身[1]。立教大学経済学部卒業。 リクルート社に入社。当時優秀社員ベスト10人内の1人に入る成績を収めた[2]唯一の男性社員だった。1985年、リクルートを退職し、国会議員秘書へ転身。1996年に政治評論家として独立…

政治評論家 池上彰

生い立ち[編集] 1950年、長野県松本市に生まれ[9][10]、東京都練馬区で育つ。池上家のルーツは松本で、祖父の代に東京に移り住んだ[11]。父は東京で就職し、転勤先の松本で母と出会い、彰が生まれた[11]。父親は銀行員。子供の頃の愛読書は『クオレ』だった[…

柿崎明二 政治評論家

来歴[編集] 秋田県出身。早稲田大学第一文学部を卒業後、毎日新聞社を経て、共同通信社に入社。 著書[編集] 空白の宰相 「チーム安倍」が追った理想と現実(共著、2007年、講談社) ISBN 978-4062144261 「次の首相」はこうして決まる (2008年、講談社現代…

畑田重夫 政治評論家

来歴[編集] 京都府生まれ。東京帝国大学卒業。帝大在学中20歳で学徒出陣となるが、その際学友の乗っていた船が撃沈され全員が死亡した[1]。1945年9月に東京大学法学部に復学、大学卒業後、内務省を経て1962年まで名古屋大学助教授を務め、以後は労働者教育協…