あえば直道 政治評論家

 

https://conservative.or.jp/wp-content/uploads/2016/03/Jay.png

 

政治評論家を名乗る人の中には自民党に近い人、立憲民主党に近い人と特定の党派との距離が接近している人がいますが、あえば直道さんはなんと共和党との距離が近いことをアピールする政治評論家です。自身も出馬経験があるなど、異色の政治評論家です。
1967年1月5日、52歳のあえば直道さんは神奈川県横浜市の出身です。実家は弁護士をしており、エリート教育が行われ、1973年には慶應義塾幼稚舎に入学し、それ以降慶應義塾大学の入学までエスカレーター式で神学を続けます。高校時代には弓道でインターハイに出場するなど、文武両道を行っています。


その後、大学時代に幸福の科学に入会し、学生部などの要職を務めると、大学卒業後幸福の科学総合本部に入局します。それ以降は幸福の科学系の映画に出演するなどしつつ、表舞台に出ず、本部内で様々な仕事を行い、理事も務めます。
あえば直道さんの名前が登場したのは2009年5月のこと。この当時、時の総理である麻生総理が様々な理由を付けて衆議院解散を先延ばしにし、任期満了を迎える2009年8月あたりに選挙が行われると言われていました。幸福の科学では多くの選挙区に候補者を擁立し、議席獲得を目指し、幸福実現党を立ち上げます。その時の初代党首としてあえば直道さんの名前が登場し、会見では日本のオバマになりたいと語るも2週間後、投手を交代させられ広報本部長となり、翌年の参院選比例区から出馬するも落選。その後、北米の担当としてアメリカにわたります。


しかし、2012年、とんでもないニュースがアメリカから飛び込んできます。あえば直道さんが共和党の顧問に就任したというのです。その前年、東日本大震災で米軍が危険を顧みず被災地活動を協力してくれたことに感謝するスピーチを行い、それがきっかけで共和党の養殖に就く人物との交流がスタート。その後情報交換が行われ、共和党の顧問になったという流れです。


現在の大統領トランプ氏は全く注目していない頃から指示をしており、大統領になると日本側の窓口として活動しています。2018年にはトランプ大統領、ペンス副大統領と会談を行い、メインホールで演説を行うなど、トランプ政権に近い存在となっており、日本では政治評論家としてそうした話題を提供している状況です。その真偽が色々と取りざたされ、将来的な国政挑戦も視野に入れているとの話もありますが、日本人でこれだけ共和党関係者との距離が近い人はなかなかいません。