三浦瑠璃 政治評論家

https://www.zakzak.co.jp/images/news/190104/soc1901040008-m1.jpg

略歴[編集]

神奈川県茅ヶ崎市出身[5]。父親は心理学者の濱村良久。幼少期に神奈川県平塚市に移住。平塚市立金旭中学校卒業。1999年(平成11年)3月に神奈川県立湘南高等学校を卒業し、同年4月東京大学理科一類に入学[4]2001年(平成13年)4月に同大学農学部生物環境科学課程地域環境工学専修に進む[4]2003年(平成15年)、同大の先輩・三浦清志と結婚した[8]。一児の母[9]2004年(平成16年)1月、論文「『日本の国際貢献のあり方』を考える」により、自由民主党が主催した第1回「国際政治・外交論文コンテスト」の総裁賞を受賞[8][10]。同年3月に同大学を卒業[4]。同年4月、東京大学大学院公共政策学教育部(公共政策大学院)専門修士課程に入学し、国際政治学者の藤原帰一の下で学ぶ[11]2006年(平成18年)3月、同課程を修了し、公共政策修士(専門職)を取得[4]2010年(平成22年)10月、東京大学大学院法学政治学研究科総合法政専攻博士課程を修了し、博士(法学)を取得。学位取得論文は、「シビリアンの戦争 : 文民主導の軍事介入に関する一考察」[12]

2007年(平成19年)4月、日本学術振興会特別研究員(DC2、2009年(平成21年)3月まで)[4]。2010年(平成22年)、論文「長期的視野に立った成長戦略―ワーキングマザー倍増計画」により、東洋経済新報社が主催した第26回高橋亀吉記念賞の佳作を受賞[13][14]2010年三菱UFJリサーチ&コンサルティング主催懸賞論文コンテストの第3回「私ならこう変える! 『国と地方の新しいカタチ』」において「グローバル化の中の道州制」で優秀賞獲得(大賞は該当者なし)[15]2011年平成23年)1月、東京大学政策ビジョン研究センター安全保障研究ユニット特任研究員(2013年(平成25年)3月まで)[4]2013年(平成25年)4月、日本学術振興会特別研究員(PD)、青山学院大学兼任講師(青山スタンダード科目)[4]2014年平成26年)から自らの政治的見解を綴るブログ「山猫日記」を開始。

2015年平成27年)に「山猫日記」の内容を再編集した「日本に絶望している人のための政治入門」を文春新書から出版し、元日に「ニッポンのジレンマ」でメディアに初登場して以降「朝まで生テレビ!」に出演し、以降、ほぼ毎回出演。8月、共同通信の第三者機関「報道と読者」委員会の第8期委員に就任(第9期まで)[16]

2016年平成28年)3月から2019年(平成31年)2月まで、東京大学政策ビジョン研究センター講師[17]。12月、「BLOGOS AWARD 2016」銅賞受賞[18]2017年(平成29年)2月、自由民主党副総裁の高村正彦と共著を出版。12月、第18回正論新風賞を受賞[19]

人物[編集]

夫は東京大学の先輩で[8]投資ファンド代表、元外務省職員。娘が1人いる[20]

幼少期は児童文学から若草物語などの少女もの、円地文子幸田文ら女流作家、源氏物語蜻蛉日記など日本の古典文学を読み漁る。学生時代は集団行動に馴染めず、高校進学後も授業に出ずに鎌倉江の島へ行くことが多かったという[21]

東京大学教養学部理科I類ではクラス50人中女子は2人しかいなかったため、男子学生とは話も合わず試験プリントが回ってこないこともあり、自然とキャンパスから足が遠のいていったという。その後、地球環境問題を学ぶために農学部地域環境工学専修を専攻。しかし、想像していた勉強と違っていたため進路を考えるために留年。他学部の授業を受けているうちに船橋洋一ゼミで政治学に関心を持ち、文系に転身して公共政策学教育部専門職学位課程に1期生として入学。その頃に始まったイラク戦争で、アメリカの軍人たちが反対していたことに興味を持ち、博士論文でシビリアンコントロールの研究を始める[22][23]

2015年元日の『ニッポンのジレンマ』パネリスト依頼を皮切りに、様々な討論番組へ出演している。議論について三浦は「日本に存在する『ハイ論破!』という文化は有害」「はい論破!という雰囲気が左右両方にあるのはわるいこと。論破なんかできるわけがない。自分の議論を示しつつ相手の議論の不備や死角を指摘できるだけ。昔は保守はそれがわかってて閉じこもりリベラルの方が教化を目指してたけど、最近両方憎しみで目が曇ってる感あり」「官僚が使う言葉を借りれば『議論するときは同期』という姿勢こそが正しい」と述べている[24]

米国ジャーマン・マーシャル財団英語版研究員(当時)のジョシュア・W・ウォーカーと共同で東日本大震災に関する論文を発表している[25][26][27][28]

レギュラー番組の中で「日常生活では『S』だと思われがちだがプライベートでは『Mっ気』がある」と語っている[29]

 

引用元

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%B5%A6%E7%91%A0%E9%BA%97

実におきれいなのに政治評論家なんてかなり高感度はあるかと思います。

いろんな方が彼女のことを叩いてますが、どうなのでしょうか?

実際は違うような気がしますね。

今後の活動楽しみにしてます。

 

 

岩見隆夫 政治評論家

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-39-13/nisekoannnuburi/folder/1002167/19/18529019/img_0

略歴[編集]

関東州(現中国)の大連で生まれ、山口県防府市で育つ。山口県立防府高等学校京都大学法学部卒業後、1958年毎日新聞社入社。社会部記者、政治部記者、政治部副部長、秘書室長、論説委員、出版局次長兼サンデー毎日編集長、編集委員室長、東京本社編集局次長、編集局編集委員、編集局政治担当特別顧問を最後に、2007年3月31日で退社。

毎日新聞の編集局長時代には、夕刊紙上で「グリコ事件で取り調べ 江崎社長の知人ら4人」と一面から社会面まで誤報を掲載した経緯がある(毎日新聞のグリコ・森永事件に関する捏造事件)。後日辞任し「行き過ぎ紙面を自戒」と紙上に文面を掲載した。

政治評論家としても活動しており、毎日新聞サンデー毎日に連載欄を持つ。政見は改憲容認など毎日新聞の社論よりは保守的なものが多い。1992年には連載企画「新編・戦後政治」やコラム「近聞遠見」の執筆で、政治報道に新生面を開いたことが評価されて、日本記者クラブ賞を受賞している[1]

毎日新聞社退社後は、クルーズ客船飛鳥II」による約3ヶ月間の世界一周旅行(2007年4月初旬放送のTBSみのもんたの朝ズバッ!』にてクルーズ客船を特集した際、出発間近の同船に岩見が乗ることをみのもんたが口にした)を経て、2007年夏頃より毎日新聞客員編集委員として再始動。9月13日には春までレギュラー出演していたテレビ朝日やじうまプラス』で久々に出演した。

2012年10月1日付で特別顧問に就任。

2013年、自ら末期肝癌であることを公表。5月24日に緊急手術を受けたため、一切の仕事を取り止めて治療に専念するものの、新聞『近聞遠見』、サンデー毎日『サンデー時評』の両コラムは継続する意向を示していた[2]

2014年1月18日、肺炎のため死去[3]。78歳没。

コラム「近聞遠見」[編集]

1989年9月から毎日新聞で政治コラム「近聞遠見」を週1回連載していた。2013年12月7日付け『政治家の伴侶としての「女」』が絶筆となる。

事実誤認[編集]

2009年5月30日毎日新聞に掲載されたコラム「近聞遠見」において、事実誤認に基づき首相を批判したことが問題になった。

問題のコラムで岩見は、麻生太郎首相と鳩山由紀夫民主党代表との初の党首討論での麻生の発言の一部を取り上げ、「「殉じる」とは言ってない」との見出しで「麻生の思い込み」と非難していた[4]。しかし、鳩山は「小沢氏の下での幹事長だ。殉じるときは殉じる」と発言しており[5][6][7]、実際には岩見の思い込みであった。

2009年6月13日に同コラムの末尾に「お詫び」と題する訂正が出された[8]。「筆者の記憶、調査が不十分だったための間違いで、深くおわびし、訂正します」と説明している。ネット版では問題の回のコラムが削除された。

役職[編集]

 

引用元

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A9%E8%A6%8B%E9%9A%86%E5%A4%AB

面白い方でしたね。テレビでよくお見かけせれていましたが、今現在はみることができなくなりました。岩見さんの用に物事をはっきりと語る方は少なかったので面白かったですが、2014年に無くなられて残念です。

 

田崎史郎 政治評論家

https://pbs.twimg.com/media/DUbMJEdVAAICHCd.jpg

来歴[編集]

福井県坂井郡三国町(現:坂井市)生まれ[1]福井県立藤島高等学校を卒業後、中央大学法学部法律学科へ入学する。大学2年時に三里塚闘争へ参加し、凶器準備集合罪逮捕のうえ13日間留置される[2]

1973年3月、同大学を卒業後、同年4月、時事通信社に入社。経済部を経て、1975年浦和支局に異動を命じられたが、少数派の労働組合に所属していたことを理由にした左遷で不当労働行為であるとして会社を提訴。その後、3年3か月後に政治部へ異動することを条件に和解

1979年に政治部に異動となり、大平正芳内閣総理大臣番記者[3]になる。以後、新自由クラブ外務省担当を経て、1982年4月人事にて、田中派を担当[4]。以来、ずっと平成研究会を中心にして政治記者として活動し、並行して、整理部にて、整理部長、編集局総務としてトータル8年勤務し、解説委員に異動。2006年から解説委員長となり、以後、民放キー局の報道、ワイドショー、バラエティ番組にて政局解説として出演する様になる[5]

2010年6月30日付人事にて、定年後の再雇用にて引き続き勤務し[6]、再雇用契約が終了後に特別解説委員の肩書で再度、会社と契約し[7]

2018年6月末付けにて、内規の68歳に達し、特別解説委員を退職[8]。以後、フリーの政治評論家として、メディアでの言論活動を継続している。2019年1月から駿河台大学客員教授

人物[編集]

  • 2013年、自民党政党交付金から組織活動費名目で資金提供を受け、2013年から2015年にかけて安倍晋三らと懇談していた事や安倍本人と自民党に対し擁護や理解を示す発言が多いことが理由で、安倍と敵対してるメディアから、“田崎スシロー”(寿司郎)とも揶揄されている[9]

小沢一郎との関係[編集]

田中派の担当記者になって以来、小沢一郎とは毎晩のように呑む間柄だったが[10]1992年1月以来、小沢から一方的に遠ざけられ、取材できない状態になったという[11]1993年に成立した細川内閣で最大の実力者となった小沢について、マスメディアが伝える小沢像は虚像であり、自分の知っている小沢の実像を伝えたいとの思いから、田崎は『文藝春秋1994年10月号に「小沢一郎との訣別」と題した記事を発表した[12]

1982年の自由民主党総裁選挙の際に小沢が田中派支持下の中曽根康弘を評して「担ぐ御輿は軽くてパーがいい」と発言したことや、小沢が自由民主党幹事長時代に海部俊樹総理を評して「海部は本当に馬鹿だな。宇野の方がよっぽどましだ」と発言したことなど、小沢のこれまでの数々のオフレコ発言を明かして[13]話題になる[14][15][16]。小沢サイドからは何の反応もなかったが、日本新聞協会時事通信に対してオフレコを破ったことの事情説明を求めた[17]時事通信はオフレコを破った田崎に対して、2週間の出勤停止、その分の給与の減額、翌年の賞与の減額という処分を下した[18]

田崎は、相手に取材できなくなるならオフレコ破りはしないほうがよいという立ち位置であった[19]。すでに小沢からは何の通告もなく一方的に無視されて事実上の取材拒否となっており、オフレコ破りをしても何の障害もない状態であったため、オフレコ破りをしたと主張している。田崎は、小沢から取材拒否されるようになった原因について、自身の諫言を小沢が嫌ったことや、小沢の政敵となった梶山静六と自身が親しくしていたことなどを推測している[20]

 

引用元

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E5%B4%8E%E5%8F%B2%E9%83%8E

小沢一郎さんとは、かなりの仲だとの事ですね。

毎晩、飲む間柄なのは良いかと思います。

 

 

 

 

森田 実 政治評論家

https://www.komei.or.jp/wp-content/uploads/20190322_5.jpg

静岡県伊東市出身。伊東西小伊東北中相洋高校を経て東京大学工学部鉱山学科卒業。 尚、弟も東大出身であり、地元伊東市では名家として知られている。 在学中に日本共産党に入党し、香山健一島成郎生田浩二青木昌彦らとともに全日本学生自治会総連合の指導部を形成した。破壊活動防止法反対闘争(1952年)、原水爆禁止運動(1955年)、砂川闘争1957年)、安保闘争1958年1960年)などに携わる[1]。その後、日本共産党幹部と殴り合いを演じて共産党を除名されると、1958年、多くの学生党員らと共に共産主義者同盟(ブント)を結成し、主に労対関係の任に当たっていた。その後、日本評論社出版部長、『経済セミナー』編集長を経て、1973年からフリーの政治評論家として活動。東日本国際大学客員教授も務め、2015年6月に中国山東省を訪中団団長として15名の団員で訪問、山東大学より「名誉教授」を贈られる。

2004年7月、著作本『公共事業必要論』の記念講演会を二階俊博が代表を務める自由民主党の派閥「新しい波」が主催し、「新しい波」から寄付も得た。アメリカ発の新自由主義に基づく構造改革路線をとった自由民主党を激しく批判しており、雇用・社会保障を重視した修正資本主義路線に戻すべきだと提言している[2]小沢一郎政経研究会で講演したこともある[3]

思想・主張[編集]

政治評論家として独立以来、ほぼ一貫して保守本流である自由民主党宏池会(旧宮沢派)を支持し、その「経済重視、平和外交」路線を支持してきたが、2003年前後の自由民主党宏池会の分裂後は、自民党内でもそれまで親しくなかった亀井系を支持するなど方針転換するに至った。かつて、宮澤政権誕生前夜には、金丸信の暗躍を正面から批判する数少ない評論家として活躍し、当時、三塚派成立の際に中堅として尽力した小泉純一郎についても、「正直で信頼できる人間」「竹下派支配に立ち向かう信念ある政治家」「21世紀初頭の総理候補」と激賞している。宮澤支持や小泉への好意と、金丸・小沢一郎による「闇支配」批判の明確な姿勢は、当時の森田の著作(徳間書店『政変』など)でも明白である。

現在の森田のスタンスは、経済においては「修正資本主義」に近く、政治・外交においては「平和主義」「反米[要出典]・対アジア協調」「9条護憲」の立場を採る。日中友好論者でもあり、台湾独立靖国神社公式参拝には反対している。政治評論家としては珍しく、時々の政治家・政党に対する支持・不支持を明確にしており、亀井静香野中広務綿貫民輔鈴木宗男といった、小泉政権時の郵政民営化法案や対米依存政策における自民党内の「抵抗勢力」、河野洋平加藤紘一二階俊博福田康夫親中派の支持者である。とりわけ、綿貫に対しては「日本一品格のある政治家」と最大限の賛辞を送っている。鈴木に対しても、かつては激しい批判を加えていたが、現在では評価に転じている。森田が最も評価していた政治家は、かつて小沢一郎の側近だった熊谷弘で、朝日ニュースターに出演した際には「真の改革者は熊谷さんだけ」と絶賛していた。

21世紀以降の政局では、郵政民営化に代表される新自由主義路線に反対の立場で、小泉政権への批判を展開していた。公共事業は地方活性化のためには必要不可欠な「善」であると主張する。談合についても、日本の古き良き慣習であると肯定し、談合批判は米国の陰謀であると主張する。その小泉の後継者である安倍晋三に対する批判はさらにヒートアップしたもので、北朝鮮2006年7月5日、ミサイル発射実験を実施した際には、日朝平壌宣言に明確に違反した北朝鮮への批判は全くと言っていいほど行わず、ひたすら安倍(当時は官房長官)への批判に終始した。また、北朝鮮による日本人拉致問題についても、「対米従属助長のための陰謀」と断言している。そのような小泉・安倍政権批判への反作用として、以前は厳しく批判していた小沢一郎民主党代表に就任すると、「『小沢一郎』入門」なる書物を書き下ろして大絶賛した。しかし、その小沢に対してもISAF参加構想を発表した折には平和主義からの逸脱であるとして厳しく糾弾し、大連立騒動やそれを巡ると民主党代表辞任のゴタゴタを起こすに及んで激しく批判(ただし背景としてウェブサイト上でアメリカ共和党のエージェントによる小沢への圧力を指摘)。[要出典] 以後は小沢民主党批判に転じ、2008年12月に出版された「政治大恐慌 悪夢の政権交代」(ビジネス社)では、小沢民主党のままの政権交代や大連立に警鐘を鳴らして明確に「脱小沢」を説いている。

民主党による政権交代が実現した後も小沢に対する批判は続けており、2010年には陸山会政治資金規正法違反事件を巡る疑惑に対して詳細な説明をしようとしない小沢に「やり方があまりにも姑息で、汚らしい」「独裁者が怖くて民主党議員も小沢を批判できない」などと断じている[4]。その一方で、2011年9月26日に出された石川知裕ら3人への有罪判決については痛烈に批判している。

 

引用元

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E7%94%B0%E5%AE%9F

かなり年配の方ですが、いろんな考えを持っている方かと思います。

いい感じの方かと思います。

 

 

細川隆一郎 政治評論家

http://japan-indepth.jp/wp-content/uploads/2015/08/e64e37dfa92be8a82ba227c27b5413561.jpg

概説[編集]

福岡県小倉市(現:北九州市)生まれ[2]熊本県出身。東京府立四中(現:東京都立戸山高等学校)、早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。学位政治学士(早稲田大学)

憲法改正論者であり、「マッカーサー押しつけ憲法だ。自主憲法を持たなければ独立国とはいえぬ。」(『毎日新聞』2009年10月7日朝刊、26面より引用[3])が信条であった。 内外問題研究会」を主宰していた。

毒舌の話術を生かし、ワイドショーのコメンテーターとして活躍し、タレントとして政治と関連の薄い分野でも活躍した。1996年6月11日からはタレントとして吉本興業に所属したこともあった[4]1999年とするメディア[2]もあったが、誤り)。

来歴[編集]

エピソード[編集]

  • 趣味は小唄、日本舞踊、空手、ゴルフ、スキー、水泳、アイスホッケー、野球等スポーツ全般。
  • 豪放磊落を売っている一方で、対談で相手が強気に出られると逆に宥めの側に回ったりするところもあった。
  • 早稲田大学時代は空手部の主将を務めていた[1]
  • 72歳くらいのときに霊能士に「100歳まで政治評論をしている」といわれた。
  • 政治すごろくゲーム「政界立志伝」の監修をしたことがある。
  • 1980年代1990年代にはテレビバラエティクイズ番組に多数出演していた。
  • かなりの数の評論家が首相を辞任して数年後から高く評価しだしていた田中角栄について自著「総理の通信簿。」ではそれまで以上に政界に金権政治をもたらしたとして唯一総合評価で1を付けている[6]
  • 反共組織として擁護していたが「皇太子に祝福(合同結婚式)を受けさせる」と統一教会のトップの文鮮明に言われたことについて「まったく話になりません。・・皇室を侮辱するものです。・・失礼極まりない、余計なお世話もいいところです。」と文の不敬に激怒している[7]

家系[編集]

戦国大名細川忠興細川ガラシャ明智光秀の娘)の長男・忠隆(廃嫡)の子孫で、旧熊本藩一門家臣・細川内膳家(細川男爵家)の分家・牧崎細川家の一族である。幕末の内膳家当主忠顕の長男・隆虎は、明治期に分家して通称「牧崎細川家」と呼ばれた。隆一郎の父・隆志は隆虎の次男。政治評論家として有名な隆元は三男(隆一郎の叔父に当たる)。ちなみに内膳本家の家督は、忠顕の兄忠壽の長男・忠穀が継ぎ男爵に授爵されている。子供に政治ジャーナリストの細川珠生テレビ朝日報道局デスクの細川隆三がいる[1]

レギュラー番組[編集]

著書[編集]

 

引用元

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%B0%E5%B7%9D%E9%9A%86%E4%B8%80%E9%83%8E

 

1月1日生まれなんてかなり、めでたい日ですね。

羨ましい日でもあります。

また、細川さん結構な頻度でテレビ等も出演されておりますので、良いかと思います。

政治評論家としても成果をしっかりと上げてありますので、実績は良いかと思います。

 

 

 

 

 

あえば直道 政治評論家

https://i.ytimg.com/vi/PjzS9cy6jb8/maxresdefault.jpg

経歴

 

共和党との関係

東日本大震災後の米軍による救援作戦への感謝と、減税政策が重要であると訴えた内容であった。
また、ドナルド・トランプとは、トランプが2016年アメリカ合衆国大統領共和党予備選挙に出馬する前からの知り合いで、[要出典]メディアで泡沫候補扱いされていた頃から支持している。

役職に対して

  • 2016年11月5日、Web News『BuzzFeed』が、アメリカ共和党顧問の肩書きに詐称があるのではないかと報じた。BuzzFeedの取材によると、共和党全国委員会は「あえば氏は共和党全米委員会(RNC)で何の役職にも就いていません」と回答があったとされ(回答者不明)、一方、共和党の広報戦略を担当しているボブ・スパークスは、「あえば氏は、ディ共同議長の無報酬アドバイザーです」と回答している。あえば本人は「2011年の12月に正式にRNCの法務室の認可が下りた。RNCの法務室か、共同議長秘書に問い合わせれば明確になる」と反論している[22]

著作

単独著書

共著

書籍監修

 

メディア出演・掲載

 

引用元

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%88%E3%81%B0%E7%9B%B4%E9%81%93

かなりの経歴をお持ちで、コメントも面白くなおかつ分かりやすいですね。

アメリカとの国際関係の架け橋になるのでしょうか。

今後も結果も楽しみですね。

 

伊藤惇夫 政治評論家

https://snjpn.net/wp-content/uploads/2017/08/itouatuo.jpg

 

人物[編集]

学習院大学法学部卒業後、出版社へ就職した後、1973年、時の総理総裁田中角栄に誘われ自由民主党本部事務局に勤務。自民党では広報を担当し、1989年からは自民党政治改革事務局主査補として政治改革大綱を取りまとめる。その後、自民党を退職し、1994年末から新進党総務局、1996年12月から太陽党1998年1月に民政党、4月から民主党の事務局に勤務。太陽党以後は、いずれも事務局長を務めた。

新党の結成に次々と立ち会ったことから「新党請負人」の異名を持つ。2001年12月に民主党を退職し、政治アナリストとして独立。執筆業の他、ニュース番組ワイドショーなどでコメンテーターとして活動。現在、学習院大学明治学院大学日本大学法学部並びに大東文化大学講師を務める。

著書[編集]

 その他

出演番組[編集]

 

引用元

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E8%97%A4%E6%83%87%E5%A4%AB

結構テレビは出演していて、影響力あるかと思いますね。